仕事内容を把握しよう~製造編~

残業はあまり多くない

seizou
製造系の仕事内容を把握する際ですが、可能な限り残業がどれほど発生するのか・・・確認しておきましょう。

そのまま「残業見込み」。
もしくは「残業時間の内訳」という形で求人に掲載されていることが多く、確認しないまま応募してしまうとトラブルの元になってしまいます。

ただ現代では残業そのものがあまりありません。
昔に比べると、工場で使われているマシンもトラブルが起き難くなりましたので、製造系の仕事内容を把握するのは、それほど難しいことではなくなっています。
残業時間は多い企業で月に20時間前後ある・・・という感じです。
このように定められていることが多いのですが、残業時間はサービス残業となってしまうこともあるので、先に残業代が出るのかどうかもチェックしておいたほうが良いです。

この問題はパートやアルバイト、派遣社員より正社員で多い問題として扱われています。
というのも、正社員という雇用形態で働きたい人は多く、サービス残業を認めてしまう人も多くいるからです。
サービス残業については、工場ではあまり見られない残業の1つでもあるので、インターネットで調べるのもそれほど難しくありません。

そのまま、インターネット上で「業者名、残業」を打ち込み検索するだけで見つかることが多いでしょう。
サービス残業については神経質になっている人もいますので、製造系の仕事内容を把握する上では特に探っておく必要があります。

また、企業によっては紛らわしい情報もあるので注意してください。
例えば、工場内のとある職業、部門では残業が著しい・・・という情報があり、こちらが非常に紛らわしいものです。
工場内のメンテナンス部門では、新しい製品のチェックがあるため残業が多くなる・・・という場合でも、工場全体で残業が多いように案内しているケースもあるのです。
このようなケースもあるので、なるべく先に工場全体の勤務時間をインターネットで調べていおたほうが賢明です。

入ってはいけない部屋が多い

製造系の仕事内容を把握する上で注意点があるのですが、工場内の立ち入り禁止区域については正確にチェックしておくようにしましょう。

無菌室のような代表的なルームもあれば、社員カードを用いないと入れない部屋も存在します。
そのような空間は来客用の会社案内スペースとして提供されていることが多く、無関係な人が立ち入ってしまうと、管理されている人に迷惑をかけることがあるのです。
この点を正確に把握されているだけでも、製造系の仕事内容を正確に把握している状態となりますし、なによりもイタズラに迷惑をかけないで済むので、勤務中にストレスを溜めないで済むことが多くなります。

コメント投稿は締め切りました。