仕事内容を把握しよう~管理者編~

生産管理を行う

kanri
管理者として工場で勤務する場合、役目としては生産管理を行う役職として勤務することになるでしょう。
そのため、スケジュールに対していい加減なようでは、管理者として勤務をこなすのは難しくなります。

生産管理の大まかなスケジュールについては、生産管理全体を担当している方が行うので、実際に生産管理通りに進んでいるか・・・という、進捗状況を把握するのが管理者の仕事です。
機械を稼働させて生産を行っているので、安定して生産できるというイメージもありますが、実際は予定通りに進まないことがあります。
機械を担当している方が休まれている場合もそうですし、機械そのものがメンテナンスのために一時休止となっても、生産スケジュールは乱れてしまいやすいのです。

そのような時、残業が必要かどうかを判断するのが管理者となりますので、仕事の中では責任が重い分類であることも理解しておきましょう。
このような立場にあるため、時には管理者として厳しい言葉を作業員に伝えないといけないこともあります。
休日出勤をお願いするケースもそうですし、長期に渡る残業をお願いするケースでも同じことが言えるでしょう。

また、ラインにトラブルが発生した際、メンテナンスを自ら行わなければいけないこともありますので、工場の管理者はデスクワークばかりをこなしていれば良いというわけではありません。
生産管理以外では、商品の発注や打ち合わせもありますので、日によっては現場にいられないこともあるでしょう。
このような立場にあるため、冒頭で案内した通りスケジュール管理が重要となってくるのです。

管理者として勤務する場合、新しく雇われた人と挨拶する必要も出てきます。
工場内の案内を行うこともあれば、勤務の希望についても聞かないといけないので、雑務に近い仕事もあるのが管理者と作業員の大きな違いとなるでしょう。

意見のまとめ役

昔と違い、今では工場でただ生産管理するだけの時代とはなっていません。
そのため、会議などを定期的に行っている工場も増えてきています。

その際、自分なりの意見も発言しないといけないのですが、周囲の意見をまとめる役として対応する必要もあります。
近年では、工場内の作業などを一新するために、作業員の意見などもまとめることがあるのです。
そのため、人望についてもあったほうが管理者として成功できるでしょう。
工場の求人でも、管理者として雇用されるものに幹部候補生という立場がありますが、このような立場で勤務する際も、周りから好かれるような人物ほど採用される傾向にあります。

工場では多くの機械が稼働しているので、緊張感をもって作業をこなせる人も評価されることがあります。

コメント投稿は締め切りました。