仕事内容を把握しよう~物流編~

基本的な作業は梱包

butsuryuu
物流の管理についてですが、それほど難しい仕事内容とはなっていません。
工場の求人ではピッキングという名称で掲載されているのですが、特にピッキングとしての要素が重点的に盛り込まれているわけでもないのです。

例えば、梱包のみ行う仕事も存在します。
このような場合、ダンボール箱に商品を詰めていくだけなので、採用は男性より女性で多い傾向にあります。
作業についても重いものを持つということはほとんどありませんので、それほどキツイ仕事内容とはなっていないものです。
ただし、梱包を急がないといけないので、早い段階で仕事をこなせるだけの人物でなければ、正式な採用とならないことが多いでしょう。

ピッキングが早ければ早いほど、梱包したものをすぐに運搬してもらえるようになります。
すると、工場の回転率が上がるので能力についても求められるものが多くあるのです。

特に重要とされるのは商品管理の能力です。
一見すると簡単そうに見えるピッキングですが、倉庫内に置かれている商品には番号や型式が打たれているので、それに沿って商品を箱に入れていかないといけないのです。
作業としてはそれほど大変ではありませんが、しっかりと物流の管理をしていない場合は商品が見つからないこともあります。
このような場合、周りの人に素早く報告できるような人でなければ、仕事がストップしてしまうこともあるのです。

工場の求人でも、この点に関しては特殊な内容になっている・・・と理解したほうが良いでしょう。
それと、工場によっては工具を用いることもありますので、研修などで習った工具の使い方を自分なりにまとめておかないといけません。
商品と言っても、自動車部品といった大型のものもあれば、梱包を鉄製の箱に対して行うものもありますので、すべてダンボール箱で統一されているわけでもありません。

フォークリフトの操縦も求められる

高確率で求められる資格にフォークリフト運転免許があります。
フォークリフト運転免許は、2日程度の研修で取得できるようになっていますが、先に取得しておく必要はありません。

これは派遣として勤務される場合でも同じで、会社のほうでフォークリフト運転免許の取得を目指せるよう、資格取得用の手配をかけてくれることが多いのです。
また、フォークリフトは工場の敷地内であれば、乗り回せるようにもなっているので練習するのは好きなタイミングで行えます。
物流の管理として勤務する場合、他にも玉掛けワイヤーの使い方を習うことがありますが、こちらについても研修、もしくはセミナーなどの手配を行ってくれるようになっていますので、自分で試験を受けに行く必要はないのです。

コメント投稿は締め切りました。