自動車製造工場

最新の設備で働くことが大事

zidousha
自動車製造工場の求人を見るとわかりますが、自動車製造工場の仕事は基本的にラインの仕事です。

ラインというのは、流れ作業的な仕事をまとめて言うのですが、自動車製造工場の仕事でラインに該当しないものは、基本的に求人雑誌、求人サイトでは掲載されていないことが多いです。
該当しないもので有名な仕事には、「営業、開発、設計、管理」などがあります。
これらの仕事は、キャリア組、もしくは新卒採用者に対して割り振られる仕事となっていますので、一般的な求人で見ることはありません。

次にどのようにして自分に合ったラインを決めるのか・・・について案内していきます。
最初に決めるべきは「どのようなラインで働きたいのか?」です。
ラインというのは、組立を主に行っていくライン、加工を主に行っていくラインで分類されますので、指先が器用に動く人であれば加工のラインで働かれたほうが良いでしょう。
というのも、組立の仕事は普通のラインより内容がハードだからです。
ラインで使用する工具を用いて、決められたパーツを付けていくわけですが、仕事時間にブレがあってはいけません。

それに対して、加工のラインであれば自由に仕事を進められるようになっていますので、仕事が遅い人でも対応できるようになっています。
具体的に加工のラインではなにをするのか?というと、次のようなことを行う場合が多いとされていますので、それほどハードな仕事はありません。
加工のラインで多い仕事は、すでに取り付けられたパーツに対して洗浄、もしくは正常に動いているかチェックするだけとなっています。

そのため、自動車製造工場の場合は車のセルを回して正常な音が出ているか、もし問題があるようであれば直せる範囲で直すという流れになっています。
電子部品などを積み込んで、インパネデザインに問題がないかチェックすることもありますが、慣れてしまえばそれほど大変な仕事でもないのです。
ただ、仕事内容がアッサリしているので長時間勤務とはなりません。
そのため、ラインとして勤務できるものの中では、加工が最も給与が低いということも多いのです。

その点に納得できる人であれば、自動車製造工場の求人で応募されても不満は少ないでしょう。

作るだけが仕事ではない

自動車製造工場は最終的に完成品を作りますので、実際にできあがったものを試運転するということもあるのです。

このような仕事は、自動車製造工場で働いているベテランの方が担当するのですが、新人として配属された人でも、働きを評価されている人であれば試運転させてもらえることがあります。
話題の新車に先に乗れるため、それ目当てで自動車製造工場の求人に応募している人もいるのです。

コメント投稿は締め切りました。