製紙工場

意外と重い

seishi
実際に働いてみるとわかりますが、製紙工場の仕事は想像以上に重いものを取り扱うことが多いです。
加工のために必要となる紙を生産している工場なのですが、その際に利用しないといけない塗料などの入った缶を、指定の場所に運ぶような仕事もあるのです。

このような仕事はかなり多くありますので、製紙工場と聞いて機械を稼働させているだけ・・・だと思わないほうが良いでしょう。
機械を稼働させることによって、製紙工場内で製品が多く作りだされていきますが、日によっては機械のラインを一人で把握することもあります。
ラインというのは、それほど人と人が一緒になって働いている場所でもないので、それほど会話などは発生しません。
その点に注意して仕事をするのも大事です。

例えば、製紙工場として勤務する場合、仕事開始時にチェックしなければいけないものもあります。
これらは正式に採用された際に教えてもらえるようになっているのですが、基本的に後になって何度も教えてくれるようにはなっていません。
紙を作っているわけですが、勤務されている人はスケジュールに押される形で勤務していますので、他の人のために時間を割く余裕がないのです。

また、製紙工場は残業が多いと思っておきましょう。
中旬までは静かな作業スケジュールで進んでいくのですが、月末にかけては仕事が多くなりやすいです。
これはどこの製紙工場でも同じようで、残業に関しては面接でも良く聞かれるようになっています。
そのため、あまり残業をしたくないという人では、製紙工場の求人に応募されてもあまり採用されないでしょう。

即戦力を求めているケースもありますので、製紙工場の求人で高いものがあった際には注意が必要です。
基本的に未経験者が応募されても採用されることはありません。
先ほどのラインの管理だけでなく、製紙工場に関する知識も問われるようになっていますので、面接の時点で専門的な知識がないこともバレてしまうでしょう。

印刷工場ではない

製紙工場と同じもの?と勘違いされているものに印刷工場がありますが、製紙工場は印刷工場ではないので注意してください。

印刷工場は、印刷物を生産するために機械が稼働していますので、印刷枚数が多くても対応が利くようになっているという特徴があります。
それに対して、製紙工場は印刷などで用いられる用紙を生産しているだけなので、入力作業のようなものがあまりありません。
プログラマーとして印刷工場を応募される人もいますが、間違って製紙工場で応募しないことも大事です。
製紙工場の場合は、印刷に対するプログラムではなく、使用されている機械の動きを変更するためのプログラムが多いです。

コメント投稿は締め切りました。