医薬品製造工場

どんな仕事?

iyakuhin
医薬品製造工場の仕事というのは、所属する部署によって仕事内容が違っています。

例えば、生産ラインで仕事をする場合は、じっと商品を検品するだけの仕事もあります。
検品するだけの仕事となりますので、仕事されている人の中には眠気を感じる人も多くいるのが、他の仕事の大きな違いです。
実際に医薬品製造工場の求人に応募された際も、健康体であるか、また睡眠管理はしっかりとしているか・・・を面接時に聞かれることもあります。
検品するだけの仕事であっても、仕事先によってはちょっと暑い室内環境で仕事をしますので、健康体でないと仕事がこなせないということもあるのです。

その他の仕事では、医薬品製造工場の事務がありますが、事務員として帳簿処理をするだけが仕事ではありません。
医薬品製造工場には加工される前のものが届くこともあるのですが、受取業務としてそれを受取りに行くのも事務員の仕事である場合があります。
その後、実際に届いた商品に問題がないかもチェックしなければなりません。
このような仕事もあるので、医薬品製造工場は他の仕事より仕事の数が多いと言われています。

さらに医薬品製造工場の仕事には、研究に携わるような仕事もあります。
研究と言っても新商品を開発するわけではありません。
主な仕事では、過去に開発した商品をさらに使い勝手の良い商品に変えられるか・・・という打ち合わせを行います。
つまり、会議に似たような流れで仕事の打ち合わせを行っていくのも、医薬品製造工場では研究員の仕事となるのです。
その後、どのような商品を作るのか会議に出し、その会議で問題がないようであれば開発担当者がスケジュールを決める流れとなっています。

なにかと複雑な仕事内容となっていますが、医薬品製造工場で注意したいことはラインを止めないことです。
先ほどの眠気もそうですが、ラインは厳しいスケジュール管理のもとに稼働していますので、ラインを止めない配慮も大事です。
そのためにも、仕事に素早くなれる必要がありますし、機械の操作についても早い段階で知る必要があるのです。

派遣は夜勤が多い

医薬品製造工場の派遣ですが、派遣の求人は良く見つかりますので探すのは簡単です。

しかし、日勤で勤務できるものは少ないので注意してください。
正社員が日勤、派遣は夜勤というケースが医薬品製造工場では多いです。
なぜこのようになっているのか?というと、それは日勤と夜勤でわけたほうが効率が良いためです。

先ほどの検品作業でもそうですが、仕事内容によっては疲れを感じるものもあります。
しかし、日勤と夜勤で分けておくと安定して仕事をできるようになるため、今では交代制で勤務する工場も減ってきました。

コメント投稿は締め切りました。