印刷工場

意外と体力が大事

insatsu
印刷工場は、紙を刷るのが仕事なので用紙を製造する工場ではありません。
また、印刷工場のほうが給料が低く設定されているので、希望通りの勤務となるかも定かではないでしょう。

印刷工場で勤務する場合、求められている人材に体力に自信がある人・・・というものもありますが、これは一部の印刷工場で勤務する際に必要というわけではなく、どこで勤務する場合でも同じだと思っておきましょう。
というのも、印刷工場で使用されるもので一番多いものは、無地の紙となるからです。
ハッキリ言って重いので、束になっているものを動かすのはちょっとした苦労となります。
新人として印刷工場で勤務する場合、このような仕事を数年間もこなさないといけません。

さらに、完済した商品をトラックに積み上げるのも仕事です。
なので、体力を必要としないラインのような仕事を想定するのはいけません。
基本的に重いものを運ぶために人員を必要としているので、オペレーターという形で求人がかかっていても、仕事内容が気になる人は仕事内容を聞いておいたほうが良いでしょう。

ここまで印刷工場の仕事はキツイという話をさせて頂きましたので、ここからは良いところの案内をさせて頂こうと思います。
まず、印刷工場では新人をしっかりと研修しているので、仕事が分からなくて厳しい状況におかれることがほとんどありません。
他の工場では2日程度の研修を終えてから、オペレーターとして勤務することが多いのですが、最初は勝手がわからず迷惑をかけてしまうことも多いです。
しかし、印刷工場にはそれがありません。

というのも、印刷工場で行うオペレーターとしての仕事は、紙を用意する、紙を取り付ける、機械を稼働させられる状態にする・・・の3種程度でまとまっているからです。
物覚えが良い人であれば、それほど時間をかけずに仕事をこなせるようになるでしょう。
また、仕事の覚えが良いようであれば、新しい仕事ももらいやすい・・・という点て印刷工場は評価されています。

大手で働きやすい

印刷工場の良いところに求人の種類があります。
本来は一時的な人員の確保のために派遣として採用されることが多いものですが、工場であっても印刷工場であれば正社員として採用される可能性が高いのです。

近年では、IT系、サービス系で若い人の応募が良く見られるようになっていますので、大手と関わり合いがある印刷工場であれば、未経験者としても採用されることが増えています。
キャリアアップを目指せるようにもなっているので、上昇志向が強い人であれば印刷工場とは相性が良いでしょう。
それだけでなく、幹部候補生といった立場で勤務できる工場も多くあるのが印刷工場の良いところです。

コメント投稿は締め切りました。