フォークリフト

工場の業務に欠かせない乗り物

工場見学などに出かけると、必ずといっていいほどフォークリフトが何台も右往左往しているのを見かけますよね。
フォークリフトは工場での業務を行う上で外すことのできない乗り物のひとつです。
フォークリフトに乗るためには免許が必要で、この免許は教習所などではなく国家試験を受けて資格を取得します。

見ているだけだとなんとなく簡単そうだし、公道を走るわけではないので練習すればすぐに乗れそうなイメージですが、公道でないからこそ周りの人たちも自由に動くため危険性が高く、フォークリフトはしっかりした技術を持っていないと使いこなせない乗り物です。
フォークリフトの資格は、正式には「フォークリフト運転技能講習修了証」と呼ばれ、「労働安全衛生法」に基づいて講習内容が定められています。

フォークリフトの需要は高い

工場の仕事やトラックの運転手などをする際は、フォークリフトの免許を持っていると就職率や収入が高くなるのでおすすめです。
求人情報をチェックしていると、「フォークリフト免許取得者歓迎」的なコメントを見ることも多いのではないでしょうか。
幅広い仕事をお願いできるので重宝されますし、フォークリフトを持ってることで資格手当が付く会社も多いので、ぜひ取得するとよいと思います。

また就職だけではなく、転職においてもフォークリフトの運転ができることには大きなメリットがあります。
免許を持っているだけでも重宝されますが、実際にフォークリフトを運転していたという実務経験がある人はなお需要がありますので、転職を検討している人にもおすすめの資格です。

フォークリフトの免許を取得するには

乗り物の運転なので、車の免許がないと試験を受けられないような気がしてしまいますが、フォークリフトの免許を取得するには年齢制限があるだけで、18歳以上であれば誰でも受験できます。
資格取得については自動車教習所や職業訓練校などに問い合わせてみてください。
外国人も取得することが可能ですが、講習内容が外国語にはほとんど対応していないので、日本語を不自由なく使うことができ、講習の内容がしっかり分かるということが前提です。

また、自動車免許を持っていなくても受験することができますが、自動車免許を持っていると科目免除がありますので、もし持っている人は申込時にしっかりアピールしましょう。
自動車免許を持っている人のほうが、運転の感覚もつかみやすいと思います。

ちなみに、フォークリフトは公道を走ることも可能で、公道を走る際には自動車免許が必要になります。
よって、より幅広くフォークリフトを使用した業務に関わりたいという人は、自動車免許を持っているほうがいろいろな面でお得だといえるでしょう。

コメント投稿は締め切りました。