人々の暮らしに必要なものを作っているという責任感

直接的な関与は少ない

工場の求人の中には、生活において重要なものを作るものもあります。
人々の暮らしに必要なものを生産しているわけなので、製造がストップしてはいけないという緊張感もあるのです。

例えば、食品製造を行っている工場が該当します。
近年では、すでに加工されたものを工場内で調理することがありますが、このような商品は本当に商品化して良いものか検討された上で商品化されています。
試食などを社員で行っているケースもありますし、購入者がどのような商品を欲しがっているのか・・・、工場で勤務していると自然に学べるようになっているのです。
そのため、人々の暮らしに必要なものを生産しているうちに、社会の取り組みなどを学ぶこともあります。

近年では、ゼロ・エミッションなどの活動が該当するのですが、これは工場内勤務でも学ぶことが多くあるのです。
というのも、ゼロ・エミッションというのは世界中で行われている、エコのための活動です。
工場では再利用できるものを再利用する。
また、エアコンなどのエネルギー資源を使用するものは極力使用しない・・・といった取り組みが行われています。

人によっては、配線1つでもエコに良い物を採用しているか、どの程度採用しているのかを広報として伝えている人もいるのです。
これらは直接的な関与ではないので、社会に対してなにを行っているのかが不透明でもあります。
しかし、社会で段々とエコロジーが進んでいくのを知ると、自分もその一員として頑張っているという気持ちを宿すことができるのです。
近年では、このような社会全体の変化を学んでいく姿勢も大事にしていますので、工場内勤務でも社会見学に近い研修を行うことはあります。

ゼロ・エミッションで採用されているマーク、アイコンなどを学ぶこともあれば、危険物と危険物の処理を学ぶことだってあるのです。
人々の暮らしに必要なものというのは、何も生産に関するものばかりを言うのではなく、日常において大切になるエコロジーとその知識を指すこともあるため、恒常的に社会貢献したい人にとっては役立つ知識も多くあります。

商品の売れ行きを直に見ることもある

前述では間接的に世の中と関わっている・・・という案内をしました。
ですが、生産者として直に購入者と結びつくこともあります。

どのような場合にそのようなことが起きるのかというと、商品説明会が主に該当します。
商品説明会は他社の商品もまとめて案内しているため、商品を手にとってくれる人を直に見ることがあります。
その際に、人々の暮らしに必要なものを作ったという手応えを感じることもありますし、場合によっては説明会において絶賛されることだってあるのです。

コメント投稿は締め切りました。