人付き合いが苦手な方でも働きやすい

会話なしでも仕事は可能

近年では、インターネット中心の生活をされているため、あまり人と会話をしないという人もいます。
このような人をコミュ障というのですが、コミュニケーションに難がある人をコミュ障ということが多いです。

ですが、コミュ障とされる人でも工場内勤務であれば、特に問題なく仕事できることが多いです。
というのも、人付き合いが必要とされている仕事ではないからです。
むしろ、仕事中に仲良くコミュニケーションを取っていると、結果的に仕事をサボっている状態になってしまうでしょう。
なので、無理に人付き合いをする必要がないのです。

重要となってくるものは、生産ラインでしっかりとライン作業をこなしているかとなります。
生産ラインにはラインの進捗状況を記載する用紙があるのですが、問題なくラインを稼働させられる人であれば、厳しいことを言われる心配もありません。
単純にコミュニケーションが嫌だと感じている人ほど、工場内勤務を選択されている人が多いとされています。
というのも、夜間専属で勤務できる場合は、ほとんど誰もいない状況で仕事をこなせるからです。

ストイックに仕事に打ち込めますので、いつの間にか仕事が完了していた・・・という清々しい気持ちになれる人までいます。
今まで、人付き合いでもめたことがある・・・という人ほど、仕事の進捗に関してはミスのない歩みだったと思いますので、どうしても仕事で人付き合いが発生するのは嫌・・・という場合は、工場の求人に応募した時にでも伝えておくようにしましょう。

昔と違い、それほどコミュニケーション能力を求めているわけでもありませんし、工場内勤務は人員不足のためラインがストップしているケースも多いので、意外とわがままが通りやすいのです。
職人としてキッチリ仕事はしたい!無駄話はお断り!という人も、工場内勤務であれば気分よく仕事をこなせるでしょう。
ただ、あまりにもコミュニケーションがない仕事先もあるので、仕事中に強い眠気に襲われることがあります。
自己管理がルーズな人では工場内勤務に合っていないこともありますので、その点を理解してから応募するのも大事です。

会話が必要となりやすい仕事は?

工場内勤務であればコミュニケーションの必要はあまりないと案内しました。
ですが、まったく同じ工場内勤務でもコミュニケーションの必要があるタイプの仕事もあります。

それはライン工と言われている仕事です。
機械を使って半自動で仕事をするわけではないので、チームリーダー、チームメンバーで1つの製品を作っていく仕事となっています。
つまり、仕事が遅いようではメンバーと揉めることもあるので、コミュニケーション能力を求められることがあるのです。

コメント投稿は締め切りました。