工場といえど重労働ばかりではない

精神的にキツイ仕事は多い

工場内勤務というのは、重労働ばかりではないのでその点は安心しても問題ありません。
そもそも工場内勤務で重労働も混じるケースは稀なのです。

どのような場合に発生しやすいのか?というと、次のような仕事では発生しやすいとされています。
意外と多いものが「印刷、ゴム」の製造に携わる場合です。
どちらも加工前の製品が重いため、持ち上げるのが大変であったりしますので、重労働も混じることがあるでしょう。
そして最も重労働が多いと言われている仕事は、「自動車製造」に携わる場合です。
自動車製造はラインで商品を完成させるという仕組みになっていますが、実際に対応してみると作業量が多くキツイです。

体力を多く使い重労働というより、作業に慣れるまでは面倒と感じる仕事が多いのです。
自動車製造のラインでは、主に組立を行っていくわけですが、小さなネジなどを止めていく必要もあります。
このような作業では、微妙に斜めになった姿勢で仕事をすることが多く、配属されるラインによっては強く腰を痛める人もいるのです。
そのため、長く続かず辞めてしまう人も多いとされています。

体力を多く消耗する重労働もあれば、精神的にキツイ重労働もある・・・ということです。
このような仕事を選ぶ際ですが、なるべく実際にラインを見てから判断すると良いです。
派遣社員として勤務する場合、これらの説明が不十分であれば正式な応募をするのは避けたほうが良いです。
人員の確保のために、内容についてはあまり触れずに募集している求人もありますし、実際に勤務されてもすぐに辞めてしまうようであれば、得た収入にもあまり意味がなくなってしまいます。

仕事を見極める

重労働ばかりではない仕事を見極めるコツについても案内しておきます。
特にオススメとなる仕事は、電子部品を製造している工場です。

他の工場とは違い、ラインが整っているので仕事がしやすく人気となっています。
ラインでは、決められた作業をパソコン、もしくはマシンに入力するだけで良いので、後は正確に動作しているかチェックするだけで問題ありません。
なによりもクリーニングルームで仕事ができますので、キレイな環境で仕事をしたいという人にもオススメ。
近年では、無菌室に似たような部屋で働けるものもありますが、あまり残業などないので重労働と感じることも少ないでしょう。

ただし、小さな商品を取り扱うことが多いので、その点では目をよく使う仕事なので自分には合わないと感じる人もいます。
電子部品は検品作業がキツイということも覚えておきましょう。
可能であれば、検品が少しあるだけで後はマシンオペレーターとして従事できるものがオススメです。

コメント投稿は締め切りました。